3月 SUNファーム市原の様子

2020年03月24日 お知らせ(news)

3月も下旬となりました。
今年は暖かい日が続き、桜の開花も早いですね。

同様に今年はブルーベリーの実が成るのも早まるのでは・・??と聞いています。
藤沢ブルーベリーファームで今年の開園に向けて準備が慌ただしくなってきており、ドローンを使ったPR動画も近い内にご紹介させて頂く予定です。その際はまた別途ご案内させて頂きます。

今月のSUNファーム市原の様子です。

さて先日はSUNファーム市原農園に撮影に行ったのですが、前回来た時とはまた少し変わった景色になっておりました。
天気にも恵まれとてもよい写真が撮影できたと感じております。

こちらの画像はトマトの水耕栽培の様子です。
この時期、ハウスの中は天井が緑に埋め尽くされてなかなか見応えがあります。

ちなみに右下の写真は小型の水耕栽培システムです。他と同じくトマトの栽培をしており、小さいながらもトマトがしっかり育っていました。
今後、テスト導入などにご利用頂けるかもしれません。

農園長考案の練習用発芽システム(左)と併せて、初心者の方にも安心して導入できる仕組み作りを進めています。

遠方から見学に来られるお客様も少なくないのですが、ここ最近では、福島県にてエネルギー関連の事業を行っている企業様が見学に来られて「可能性を探り、実証試験を重ねているところが素晴らしいですね」とのお言葉を頂きました。

再生可能エネルギーを利用した電力供給と、その電力を使った環境制御が弊社の農園の強味となっており、この他にもIT関連企業等の少し変わった業界からも見学に来られた方がいらっしゃいました。

「お客様」と言えば、ハウスの撮影時に少し変わったことがありました。
ハウスの外観を撮影している時に、散歩中の近隣住民から「この設備は何でしょうか?」と聞かれる場面があり、農園長が「トマト栽培です」とお答えすると大変驚いていらっしゃいました。せっかくですのでという事でその後農園をご案内し、地域住民とも触れ合う良い機会になったように感じました。

また来月もいろいろと良いご報告が出来るよう努めて参ります。

 

 

以前の関連ニュース


SUNファーム市原の新しい試み
https://solar-sharing.org/?p=20131