藤原ブルーベリー農園

FUJISAWA
BLUEBERRY
FARM

藤沢ブルーベリーファーム

Blueberry

FUJISAWA BLUEBERRY FARMは、神奈川県藤沢市の中央部に面していますが、中心部の喧騒から離れており、広い土地でゆっくりとした時間を過ごすことが出来ます。

土地の広さは約8500㎡と、日本でも最大級のスケールを誇るブルーベリー農園です。
園内には20種類近い品種のブルーベリーの苗が約2,000株配置されており、十分に満足いただける量をご用意しております。

お客様に安心して食べていただけるブルーベリー栽培、お客様に喜んいただけるサービスを目指しています。

単純にブルーベリーを採って食べて終わりではなく、
思い出に残る観光農園をコンセプトにいろいろとご用意させて頂いております。

 

オニール

香りがよく、糖度が高いのでとても美味しいブルーベリー

ユーリカ

6月中旬から7月上旬が収穫期。パリッとした食感と上品な甘さ。大きいものだと500円玉くらいの大きさになる。

ピンクレモネード

ピンク色の甘く、美味しいブルーベリー。
6月下旬から7月中旬が収穫期

園内紹介

「FUJISAWA BLUEBERRY FARM」は女性や年配の方でも楽しく摘み取り体験ができるように設備が充実しております。

入口から少し歩くと、広々としたブルーベリー農園が広がります。

足元は全面防草シート張りなので、靴が汚れることも気にせず革靴でも楽に歩くことが出来ます。また、このシートのおかけで通常の露地栽培と比較してほとんど虫がいません。周りは遮るものがほとんどないので気持ちいい風がそよいでいるのではないでしょうか。

園内にはブルーベリーがずらりと並び、近くで見ると圧巻です。実を探して頂くのもブルーベリー狩りの楽しみですが、少し歩いて頂ければ木の枝がしなるように成る、甘い実の集まりをすぐに見つけて頂けると思います。食べ放題ですので、遠慮なく手に取って味をお楽しみください。

時期によって実の成る品種が違うため、場所を色々変えると複数の味を楽しむことが出来ます。

また、設備も充実しており、綺麗な洋式トイレや、休憩室、ベビールームも完備していますので女性やご家族で来られても安心です。
食べるのに飽きたら、外周のお散歩コースを歩くとほどよい運動ができます。良いストレス解消になるのではないでしょうか。

歩き疲れても、休憩できるスペースが時間を忘れて時間を忘れてゆっくりできます!

ジャム作り体験もございますので、是非ご参加ください。
採れたてのブルーベリーを贅沢に使い、ましてや自分で作ったジャムは、いつも口にしているものとは一味違った感想を持つことができると思います。
夏の良い思い出になるのではないでしょうか。

快適に心行くまで、お楽しみください。

ジャム作りの体験コーナー

採れたてのブルーベリーを使ったジャムをご自身でお作り頂くことも可能です。

時間無制限・食べ放題

食物繊維たっぷりのブルーベリーを時間を気にせず食べることが出来ます。大事な方へのお土産としても喜ばれるでしょう。

休憩スペース

遊び疲れた後に、ゆっくり休める休憩スペースを用意しておりますのでご利用ください。冷たい飲み物の販売も行っております。

システム

<営業時間>  9:00~17:00 (定休日無し)
<料  金>  

大人(中学生以上) 小学生 幼児(4歳以上) 3歳以下
2,000円 1,500円 500円 無料

※時間無制限(但し、土日祝日の混雑時は120分の場合あり)

お持ち帰り ※1パックに約100g入ります
 店頭:600円/パック、摘み取り:500円/パック

ジャム作り体験
1,000円(ブルーベリー他、材料一式の代金含む)

完全予約制のため、「予約フォーム」よりご連絡ください。
当日直前のご来園希望の方は、下記電話番号よりお電話いただくか、メールフォームよりお問い合わせください。

電話問合せ(9:00~17:00まで) TEL:080-9413-3079

来園のご案内
お車ご利用の方:海老名ICから下車。約15分(神奈川県藤沢市用田63ー1で検索ください。入口に看板が立っております)
公共機関ご利用の方:小田急江ノ島線長後駅西口より、神奈川中央交通バス(長35)女坂バス停より下車。徒歩約5分

ブルーベリーについて

ブルーベリーの品種は、大きく分けて「ハイブッシュ系」と「ラビットアイ系」の2系統あります。

「ハイブッシュ系」収穫時期は6月上旬~7月下旬頃。味が良く、大玉になる品種が多いのですが、栽培が難しいという特徴があります。
「ラビットアイ系」収穫時期は7月上旬~9月上旬です。その名の通り、完熟前にウサギの目のように赤くなります。味や大きさはハイブッシュに劣りますが、初心者でも育てやすい強い品種です。

今ではお馴染みになったブルーベリーですが、その美しい青色の実は北米が主な原産地です。
北アメリカ大陸における先住のインディアンが野生ブルーベリーを数千年もの間、果実を生食したり、乾燥して冬の保存食として採集利用していたそうです。

彼らは、ブルーベリーを女性が出産するときの精神安定剤としてブルーベリー茶(葉や根を煎じ)を薬として用いるなど、多様な方法で生活の必需品として利用していたそうで、これら先住インディアンの伝統的な利用法は現代にも伝わっています。

17世紀イギリスからアメリカへの初期入植者がアメリカ北東部で居住を始めましたが、この地域の気象は厳しく持参した多くの農作物は育たず、多くの人が死亡しました。

残った入植者を救ったのは先住インディアンで、彼らから広範に自生しているブルーベリーの採取・乾燥・加工・貯蔵の方法などを学んだ入植者は、ブルーベリーのおかげで冬の飢えをしのぐことができたことは有名な話です。

ブルーベリーの魅力

ブルーベリーは健康志向の高い人には健康食やサプリメントとしても人気ですね。
これまで「目にいい」と言われてきたブルーベリーですが、最近の研究によりその根拠は無いと結論付けられていますが、

ブルーベリーに含まれる成分としては、

◇ビタミン
◇ベータカロチン
◇亜鉛
◇カリウム

等が含まれますが、その他にポリフェノールやアントシアニン等が有名です。

素晴らしいことに、アントシアニンは加熱や冷凍しても成分が変化しませんので

フリーズドライやケーキやパイ等火を通したお菓子にしても美味しくかつ、栄養豊富に摂取することが可能です。

もちろん、そのまま食べたり、ジュースにしてもおいしいですから、どうぞお気に入りの食べ方でお召し上がりください!

ブルーベリー栽培に興味のある方!!屋上や庭の空きスペースでの栽培も可能です。本格的にブルーベリー栽培をはじめてみたい方は是非どうぞ。(法人歓迎)

こちらから↓

農園・ブルーベリーに関するご相談・来園予約はお気軽にお問い合わせ、ご予約ください。

来園予約 お問合せ