一般社団法人ソーラーシェアリング協会とは

環境保全を図る活動を軸に、ソーラーシェアリングを広く普及させる事業と
レンタルファーム事業の2つの公益事業を目的として発足した組織です。

ソーラーシェアリングネットワーク

ソーラーシェアリングネットワーク

2013年4月1日に農水省から「営農を継続しながらの太陽光発電設備を設置する取扱いについて」のガイドラインが公表されました。事実上農地において営農を継続しながら太陽光発電を行う、という方法と内容が公に認められた事になります。これを受けてソーラーシェアリングの普及と、その適切な施工方法を全国に正しく伝える目的で「ソーラーシェアリング協会」を発足、ソーラーシェアリングネットワーク事業をスタートさせました。

詳しくはこちら

レンタルファーム事業

レンタルファーム事業

誰もが手軽に農業に親しむことのできる「レンタルファーム」と当協会が推進する「ソーラーシェアリング」の融合で事業化します。「レンタルファーム」で耕作放棄地を農地に蘇らせ、ソーラーでの売電収入を得る。これこそ一石二鳥です。レンタルファームの普及が日本の低下し続ける自給率を向上させ、ソーラーシェアリングでエネルギー問題の解決に少しでも貢献できるのではないかと考えています。

詳しくはこちら

PAGE TOP

  • 資料請求はこちら
  • お問い合わせはこちら