オーストラリアの農業

2018年10月17日 世界の農業

オーストラリアは、大陸本土、タスマニア島及び多数の小島から成りオセアニアに属する国。
近隣諸国としては、北にパプアニューギニア・インドネシア・東ティモール、北東にソロモン諸島・バヌアツ、
東はトンガ・ニューカレドニア・フィジー、南東2,000km先にニュージーランドがあります。

国土の総面積は77,412万ha。実に世界第6位です。
総面積の約 5 割にあたる、40,627万haが農用地であるが、降水量が少ないのも特徴(国土の 3 分の 2 以上が乾燥地帯)
農用地の約 9 割の35,896haがが永年採草・放牧地となっています。※1

オーストラリアは、地域によってより適した農業・酪農が行われています。

内陸の乾燥、半乾燥地域では、羊や肉牛の放牧
乾燥・半乾燥地域の外側の年間降水量500mm前後の地域は、小麦等穀物、羊・肉牛放牧との組み合わせ

比較的降水量の多いヴィクトリア州等の沿岸地域:酪農
マレー川流域の灌漑地域では、果樹、野菜、米等

主要な農作物は、さとうきび、小麦、大麦、牛乳、牛肉、羊毛等です。

また、オーストラリアは農業留学の受け入れも行っており、自国の農業活動を発信することにおいて積極的でもあります。
https://www.englishpedia.jp/blog/australia-study-abroad-agriculture
(農業留学はほかにもフランスやアメリカ、スイスなども行っています)

この記事によると、

技量や場所の広さに関係なく、誰でもできるような農業を目指したい。
都会のアパート、広大な土地、どこに住んでいても、みんなに農業を楽しんでほしい。

この理念を下に、小さなコンテナで野菜を育てられるキットや、簡易的な農機具の販売を行っているオーストラリアの会社が特集されています。

野菜キット以外にも、関連書籍も出版し、その商品のデザインはシンプルでデザイン性が高いです。

「農業を、もっと簡単に、おしゃれに。」
農業はきつい、大変、ださいとか、そんなイメージを払拭したい。
そんな強い思いを感じる記事です。

広い土地を持つだけではなく、今の時代にあった農業の形を広めていく。
次世代の農業事業者の育成には、こういった「形」を整えていくのも、ポイントの一つなのかも知れませんね