ワタミ株式会社が日本初の農業テーマパークをオープンします

2020年01月17日 農業ニュース

昨今大手企業の農業分野への進出が注目されていますが、外食・宅食・農業・環境事業に取り組んでいるワタミ株式会社は2019年10月24日(木)、岩手県陸前高田市と協定を締結し、日本初のオーガニックテーマパーク「ワタミオーガニックランド」を開設すると発表しました。

詳細はこちらより確認できます。

有機・循環型社会をテーマにし、東日本大震災の発生から10年後にあたる2021年3月の開業を予定しています。
広さは、陸前高田市の協力により、東京ドーム5個分にあたる約23haの広大な敷地を活用します。

施設内には、農場、牧場、養鶏場といったオーガニックを象徴する施設はもちろんの事、他にも商業施設、レストランや宿泊施設も建設され、バイオマスエネルギーを利用した発電施設も導入される予定です。

ワタミオーガニックランドを、再生可能エネルギーを活用した循環型6次産業のモデル施設とし、震災で大きな影響を受けた同市の復興にも貢献していく考えです。また、農産加工品を国内外に発信していくことで、陸前高田市への注目を高めて活性化につなげていきたいとのこと。

参考

ワタミ株式会社:https://www.watami.co.jp/