「農業電化」第72巻第7号にSUNファーム市原が掲載されました!

2019年12月2日 お知らせ(news)

一般社団法人農業電化協会様が発刊されています、「農業電化」にソーラーシェアリングの取り組み事例として弊社の内容が掲載されました。

「ソーラーシェアリングによる、トマト。キクラゲ、ブルーベリーの栽培」という表題で3P特集頂いております。

◆ ソーラーシェアリングに取り組んだ経緯
◆ ソーラーシェアリングの今後の可能性
◆ エネルギーの地産地消にむけて

主に、この三つに焦点を当てて頂いております。

SUNファーム市原におけるソーラーシェアリングを利用した取組で、電創ハウスのトマト栽培やブルーベリー栽培の様子が取り上げられています。

また今年からOPENした弊社のブルーベリー観光農園(FUJISAWA BLUEBERRY FARM)の様子についても紹介しており、その他にも「海外でのポテンシャル」や「他の仕組みとの組合せ」など、今後のソーラーシェアリングの可能性についても言及しております。

お見かけの際はぜひお手に取ってご覧いただければと思います。

「一般社団法人 農業電化協会」様のご紹介
日本の農業の電化・機械化の普及奨励を図り、併せて農村文化の向上を促進し、農山漁村の発展に寄与することを目的に昭和22(1947)年に設立されました。最近では農業の国際化を背景に、生産コストの低減、労働の快適化、生産物の高付加価値化のほか、農業の情報化、環境に優しい農業の確立などに対応する電化技術の開発・普及研究など多様な活動を展開されています。

http://www.noden.or.jp/index.html