持続可能な開発目標(SDGs)への取組

2019年11月28日 ソーラーシェアリング&エネルギー

最近、新聞やテレビの中でSDGsという言葉をよく聞くようになりました。多くの企業や政府機関で意識されている様子です。

日本郵政グループのホームページでもSDGsへの取組が行われているとの記載がありました。
「日本郵政グループは、事業を通じてこのSDGsの達成に向けて取り組み、持続可能な社会の実現に貢献しています。」
とのことで、「地域社会」「地球環境」「人(従業員)」の3つを主軸として取り組んでいるようです。

このような動きの中で、エネルギー分野においては再生可能エネルギーに注目が集まり、2011年には、再生可能なエネルギーが全世界のエネルギー供給の20%以上を占めるようになりました。

今後更に、ソーラーシェアリングも含めた再生可能エネルギーに目を向けられる機会が増えてくるかもしれません。ソーラーシェアリングはエネルギーだけではなく、環境や食料、街づくりにも直結するため、多方面において価値を創る可能性があります。