太陽光発電パネル強化ガラスのリサイクルを共同で事業化することを目指して

2019年11月7日 ソーラーシェアリング&エネルギー

鳥取再資源化研究所(鳥取県東伯郡)、丸紅(東京都中央区)、丸紅テツゲン(同・新宿区)、丸紅メタル(同・千代田区)は、
10月25日、太陽光発電パネル強化ガラスのリサイクルを共同で事業化することを目指し、戦略的業務提携書に署名しました。

環境ビジネスオンラインより:https://www.kankyo-business.jp/news/023373.php

鳥取再資源化研究所と丸紅グループは、太陽光発電パネルの回収と強化ガラスの原料化を行い、鳥取再資源化研究所の特許技術を利用してガラス発泡材を製造すると発表しました。

こちらが、丸紅グループのHPに詳細があります
https://www.marubeni.com/jp/news/2019/release/20191025J.pdf

環境ビジネスオンラインの記事によると「ガラス発泡技術は、ガラスに含まれる重金属等の有害物質(アンチモン)の無害化・固定化を可能にする技術。製造されたガラス発泡材は、土壌の水分保持能力を高める土壌改良材としての利用や、水中で水質改善を促す微生物の棲家となる水質浄化材として利用される。」とのこと。

太陽光発電パネルの廃棄量は、20年後には200倍に増加すると考えられる中、現在廃棄となった太陽光パネルは、解体し部品毎にリサイクルされることが多いです。しかしながら、パネル重量の 7 割超を占める強化ガラスはリサイクルが困難な為、現在は埋立廃棄されている状態でした。

環境への配慮が叫ばれている昨今の社会で、この技術は再生エネルギーの更なる広がりに繋がるかもしれません。