農業電化協会様による取材

2019年05月22日 お知らせ(news)

農業電化協会様が取材も兼ねて、ご来園されました。
農業の情報化、環境に優しい農業などに対応する電化技術の開発・普及研究の活動をしている企業様です。

地域のマネジメント、災害対策、エネルギー自給の問題などについても農業を通じて考えており、特に農業技術の進歩に伴うエネルギーの問題を解決する1つとして、ソーラーシェアリングに目を向けています。

スマート農業やIOT、植物工場など農業技術は目覚ましい発展が進んでいますが、その動力となるエネルギーの問題はまだまだ後回しにされることが多いように思われます。
これからは農場の空気にも優しい、再生可能エネルギーに注目が集まるかもしれません。

今回ソーラーシェアリング自体は、はじめてご覧になったとの事で興味深い様子でじっくりと話を聞いている様子でした。
電創ハウスで採れたトマトを試食された時は「こんなに甘いのですね」と喜んで頂けたようです。

今回の取材内容は秋頃に出版物の中で掲載される予定との事ですので、その時を楽しみにしております。

一般社団法人 農業電化協会
http://www.noden.or.jp/

平成26年設立、東京都中央区に事務所を置いており、
事業目的を「農林水産電化技術の普及奨励並びに機器・システムの安全使用・エネルギー有効利用に関する事業を行い、もって我が国農林水産業の健全な発展に寄与することを目的とする。」と定めています。