企業の農業参入。その理由

2019年02月22日 農業ニュース

農業事業に参入した企業の理由をホームページで調べて見ました。
もちろん企業により様々ですが、志高い意見が多いことに改めて驚かされます。

代表的なものを以下にまとめました。

「安全で安心な商品を作り、それを自分の子供にも食べさせたかった。」
「今の事業では先が見えないため、新しい商品を作りたかった。」
「ブランド商品を作りたかった。」
「消費者に納得してもらえる商品開発のため、国内産にこだわった。」

他にも多数あり、農法も様々ですが

安全性と安定性、そして商品のブランド化のためにといった内容が多い印象です。

それでは農業参入の際、気を付けることはなんでしょうか?

いくつかの農業コンサルタントの記事を読んだり、失敗事例の話を聞くと大きくは以下の3点が挙げられるのではないかと思います。

◆ 作物選定
◆ 栽培法、農法
◆ 販路

当然と言えば、当然の内容ですが実際に農業から撤退する企業がいるのですから落とし穴が多いのかもしれません。

これらの回避も含め、どのようなアドバイザーを立てるのかというのが、まず最初の課題かもしれません。

それぞれについての話はまた次回。