植物工場系ベンチャー企業の見学

2019年02月19日 お知らせ(news)

昨日、京都に拠点をおく植物工場系ベンチャー企業へ見学に行きました。
植物工場内では実際に栽培されている様子を見たり、採れたての野菜の試食を行うことが出来ました。

通常の露地栽培とは違い、光源のコントロールをシステム的に管理できるメリットが大きいです。

見学後はソーラーシェアリングによるエネルギーの活用など、両事業におけるコラボの可能性等も含めディスカッションを行いました。

<植物工場とは?>wikipedia参照
安全な食料の供給、食材の周年供給を目的とした、環境保全型の生産システム

一般に、養液栽培を利用し、自然光または人工光を光源として植物を生育させる。
これらの技術により、植物の周年・計画生産が可能になる。

生産の安定性を含め、遊休資産(廃校・廃ビル)の活用手段としても着目されている。