農業の課題解決に向けて ソフトバンク・テクノロジーとリデン、農業データ活用で4社と協業へ

2019年02月15日 農業ニュース

ソフトバンク・テクノロジー(東京・新宿区、阿多親市代表)とリデン(同、上原郁磨代表)は、データの活用で農業の課題解決を目指し、農業関連サービスを提供する下記4社との協業を発表しました。

農業所得の確定申告に対応するクラウド会計ソフト開発の「freee」
衛星データ活用事業の「アクセルスペース」
貸農園サービスの「マイファーム」
生産者が出店するECサイト運営の「ポケットマルシェ」

この協業により、現在すでにソフトバンク・テクノロジーが運営している農業者と資材販売業者のマッチングサービスや、リデンが運営している無料農地検索サイトを各社のサービスと連携する予定。

これらの協業の背景には、農業従事者の高齢化、人手不足や、地域特有の農文化の維持・継承が困難、などの問題が挙げられます。

 

農業従事者の減少は、日本だけではなく、世界的な問題でもあるので、この取り組みが、農業界の構造的な問題解決に繫がっていくといいですね。

(参照)マイナビ農業記事