ブルーベリーティー

暑いとついつい冷たいものばかり飲んでしまって体を冷しすぎるのもよくありません。

そこで今日は、生のブルーベリーをそのまま使った、あったか~いブルーベリーティーの作り方をご紹介します!!

 

材料(1人分)


紅茶の葉(ティーパックでも可)1杯分
熱湯  カップ1杯分
ブルーベリー 大さじ1杯分



 

※最初にティーポットをお湯で温めておきます。

ティーポットに茶葉と熱湯を入れ、フタをして、ティーポットカバーをして充分に蒸らしてください

 

1 ティーカップに、洗ったブルーベリー大さじ1を入れます。

 

2 ブルーベリーを入れたティーカップに、先に準備をしておいた紅茶を注いで出来上がり!

スプーンでブルーベリー果実と紅茶をすくいながらお召し上がりください。また、お好みでお砂糖など甘味を加えて調整してください!

簡単ですので、是非試してみてくださいね。

ブルーベリーソーダ

梅雨入りし、毎日じめじめとした日が続きます。こんな時は、スカッとしたものが飲みたくなりますね!

今日は、そんな梅雨のじめじめを吹き飛ばす、ブルーベリーソーダの作り方をご紹介します!!

 

材料(1人分)


ブルーベリー100g
お砂糖 50g
水100g
酒30g


 

まず最初に上記の材料を煮込んで、コンポートを作ります。

1 水100gとブルーベリー100gを、鍋に入れ火に掛けます。

時期にブルーベリー自体から水分がたっぷり出てきます。

 

2 全てを鍋の中に入れ、弱火で15分コトコト煮たらコンポートは出来上がりです!

お砂糖の変わりに蜂蜜や、お好みでレモン汁等お好みで♪

また残った実の部分は、ヨーグルトに混ぜたりやバニラアイスクリームと一緒に食べると、とても美味しいですよ^^是非お試しくださいね!

ブルーベリージャム

応用の利く、手作りブルーベリージャムの作り方です。

手作りは、砂糖の量を調整してお好みの甘さで作れるのが嬉しいですね♪

材料(1人分)


ブルーベリー  200g

グラニュー糖(普通の砂糖でも可)
60~100g お好みで。

レモン 大さじ1

保存瓶 300ml程度


 

<作る前の準備>
保存容器、密封などに使う道具は予め煮沸消毒を行います。

※耐熱ガラスの容器であっても、いきなり熱湯の中に入れると温度差で割れる場合があるので危険です。
水またはぬるま湯の状態から鍋の中に入れてください。

沸騰してから約10分ほどで鍋から容器を取り出し、清潔なふきんの上に瓶の口を下にして水気を切ってください。
煮沸消毒はカビなどの発生を防ぎますので必ず行ってください。

また、ブルーベリーは、水でさっと洗い流し水気を切り、傷んだものがあれば事前に取り除いてください。

1 ブルーベリーを鍋に入れ、焦がさないように混ぜながら、弱火で加熱します。
だんだん、水分が出てきますので、水などは加えないでください。

2 水分がでてきたら中火にして焦がさないように引き続き注意しながら混ぜて、さらに加熱していきます。

3 次に砂糖とレモン汁を加えます。灰汁が出て来ると思いますので、丁寧に取り除いてください。

4 砂糖、レモン汁を加え終えたら、中火のまま10~15分ぐらい煮詰めます。とろみがついて、火にかける前の分量から8割くらいにまでなった頃合いが火から降ろす目安です。

 

※ジャムは加熱中よりも冷めたときの方が固くなりますので、煮詰めすぎにも注意してください。ジャムが熱いうちに消毒しておいた容器に入れて完成です!!

ジャムは必ず冷蔵保存してください。
砂糖が少ないのものは、早めに食べきらないとカビが生えてしまいますので、御注意ください!

レアチーズケーキ

ブルーベリーを使えるスイーツといえばレアチーズケーキではないでしょうか!!

ババロアやムースも美味しいですけど、やっぱりケーキも捨てがたいですよね!

 

材料(15cm丸型 1台の量)


クリームチーズ 150g
グラニュー糖 100g
レモン汁 大さじ1
プレーンヨーグルト 大さじ3
粉ゼラチン 5g
水 大さじ2
ビスケット 6、7枚(50g程度)
バター 10g
はちみつ 小さじ1

 

 

(クリームの材料)
生クリーム  150cc
グラニュー糖 大さじ1


 

【土台部分から】

1.ビスケットをビニール袋などに入れて砕いて細かくします。十分細かくしたら、はちみつ、バターを加え、よく揉んでなじませてください。

2.細かくしたビスケットを、ケーキ型に敷いて行きます。スプーンでしっかり抑えながら敷き詰めたあと、冷蔵庫で冷してください。

【クリーム部分】
3.ボウルにクリームチーズ、グラニュー糖(100g)、レモン汁、ヨーグルトを入れて混ぜてください。※1

4.水にゼラチンを入れてふやかしおいてください。

5.ふやかしたゼラチンを、電子レンジ(600Wなら10秒間)で温め、溶かしたあと、※1に加えてください。

6.クリームの材料をまぜます。別のボールに、生クリーム150C、グラニュー糖大さじ1を加え氷水で冷しながら、とろっとなるまで泡立てます。※2

7.※1に※2を加えてよく混ぜ、冷してあったケーキ型に流し込んでください。

8.固まったら完成です!(時間の目安として、1時間から様子を見てください。)

各レシピサイトや本にも記載がありますが、レアチーズケーキは焼くという工程が無いため、初心者でも比較的簡単に作れます!

固まった後に、写真のようにブルーベリーやイチゴを飾ったり、上記で紹介したブルーベリージャムを添えてもGOODですね!

ソーラーシェアリングと従来の生育方法ではない、土を使わない養液栽培システム、

ネオアクア栽培にて生み出された、品質の高いブルーベリーです。

卵とキクラゲとトマトの炒め物

中華料理にキクラゲの存在は大きいですよね。

キクラゲを使った中華料理はいくつか挙げられますが、その内のひとつをご紹介します!

 

 

材料(3~4人分)


卵 3個

鶏がらスープの素 大さじ2

ごま油 適量

トマト(小玉サイズ) 5個

豚ばら肉 100g

塩・こしょう  少々

 

☆味付けの決め手

しょうゆ 大さじ3

あごだし 小さじ1

鶏がらスープの素 小さじ1

砂糖 大さじ1.5

※料理の前に

キクラゲは、水洗いし、水気を良くふき取った後、硬いところは予め取り除いてください

 

1 卵を溶いて、鶏がらスープの素とごま油を入れます ※1

 

2 フライパンにごま油をひき、豚肉を炒めます

 

3 火がある程度通ったら、キクラゲ、トマト、塩・こしょうを入れて炒めます。

 

4 フライパンで炒めた具の中に、※1を入れて炒めます。(卵の火加減は好みで調節してください)

 

5 仕上げに、☆味の決め手!を加えて、全体になじむ様に軽く炒めて完成!

 

 

今回は、卵とトマトの炒め物でしたが、具をゴーヤや玉ねぎにしたり、イカやエビに変えてみると、

料理の雰囲気や味つけも違うので、食べた印象がガラっとかわるかも?是非お試しください!!

 

キクラゲと卵の中華スープ

キクラゲを使った中華料理第二弾。

卵とキクラゲのスープです!ふわふわ卵にもやしとキクラゲの食感が格別です!

 

材料(2人分)


卵  1個

生キクラゲ 5g

豆もやし 1/2袋

細ネギ(刻み) 適量

ごま油 大さじ1

 

※スープの素

鶏がらスープの素 小さじ1

しょうゆ  小さじ1

塩・こしょう 適量

おろししょうが 小さじ1

水 600cc

※料理の前に

キクラゲは、水洗いし、水気を良くふき取った後、硬いところは予め取り除いてください

 

1 キクラゲを細切りにして、容器に卵を割りいれ、溶き卵にしておきます。

 

2 鍋にごま油を入れて熱し、豆もやし、キクラゲを加え中火で2~3分炒めます

 

3 ※スープの素を鍋に注ぎます

 

4 鍋が煮立ったら溶き卵を加えます。15秒ほど鍋をかき混ぜないでください。15秒経ったら、ゆっくり混ぜます。

 

器に盛り付け、完成です

水溶き片栗粉を入れると、とろみも出てさらに美味しいです。

今の季節は夏なので少々食べるのは暑いかもしれませんが、この料理しょうがも入ってますので、冬は体がとっても温まります!

キクラゲの佃煮

和食でも美味しい食べ方を紹介しちゃいます!

佃煮といえば、白いご飯ですね。何杯でもご飯をお変わりできちゃいそうです!

材料(4人分)


生キクラゲ  50g

しょうゆ 大さじ1

みりん 大さじ2

酒 大さじ1

砂糖 小さじ1

生姜 1片

昆布茶 少々

白ゴマ 適量

※料理の前に

キクラゲは、水洗いし、水気を良くふき取った後、硬いところは予め取り除いてください

 

1 キクラゲを千切りにして、フライパンに調味料を入れ煮詰めます

 

2 汁気が無くなって来たら、白ゴマを加えて炒めます

 

3 器に盛り付けて、完成!

調味料と、キクラゲを炒めて煮詰めるだけなのでとっても簡単です!

焦がさないようにフライパンから目を離さないでくださいね。

八宝菜

キクラゲと中華料理シリーズ第3段!

餡かけであっつあつな八宝菜の紹介です!

材料(4人分)


生キクラゲ  100g
白菜    1/3
豚こま切れ肉 150〜200g
人参    1/2本
ウズラの卵  お好みで
シーフードミックス
(エビ,イカ,貝柱,アサリ)1/2袋
かまぼこ  お好みで
ごま油大さじ2
サラダ油ひとまわし

【味付け】
*鶏がらスープの素  大さじ2
*しょうゆ  大さじ2
*酒  大さじ2
*塩  小さじ1/2
*水  350cc

片栗粉大さじ1
片栗粉用の水大さじ2

料理の前に
豚こま切れ肉は食べやすい大きさに切る。
白菜は白い部分は2cmくらいの削ぎ切りに、葉の部分はそれより少し大きめに切る。
人参は1cm幅くらいの短冊切りに。
キクラゲは硬いところを落とし一口大程に切っておく

【味付け】を混ぜ合わせておく。

片栗粉と片栗粉用の水を合わせて水溶き片栗粉を作っておく。

1 フライパンにごま油を熱し、香りがたったら豚こま切れ肉を炒める。
豚肉の色が変わりはじめたら、人参、シーフードミックスを加えて炒める。

2 軽く火が通ったら白菜の白い部分を加える。
白菜の葉の部分、キクラゲ、うずらのたまご、かまぼこを順に投入する

3 混ぜ合わせておいた【味付け】を加えて、ひと煮立ちさせたらいったん火を止める。

4 作っておいた水溶き片栗粉を回し入れて、全体に行き渡るように混ぜてから再度点火。

5 とろみがついたら、お皿にもって出来上がり。

具沢山で、お箸が進みます!!
ご飯に載せれば中華丼にも!他の具はチンゲン菜やしめじやいろんなバリエーションがありますね。

今日の夕食、あと1品ほしいのだけど・・・

そんなときに、簡単手早く作れるメニュー達をご紹介していきます!

キクラゲの納豆和えと、もずく酢和え

材料(1~2人分)


*納豆和え

生キクラゲ 5g

納豆 1パック

マスタード醤油 (以下詳細)
・粒マスタード     大さじ2
・醤油         大さじ1
・塩          少々

 

*もずく酢和え

生キクラゲ 5g

もずく酢 お好みで

 

※料理の前に

キクラゲは、湯通しを行って、硬いところは予め取り除いてください

 

*納豆和え

1 キクラゲをみじん切りにする

2 納豆を加える

3 マスタード醤油をあえて、出来上がり!

 

*もずく酢和え

1 キクラゲを千切りにする

2 もずく酢をお好みの量加えて混ぜて出来上がり!

 

両方とも、キクラゲの食感を活かした一品料理です。

お酒との相性も抜群です☆

キクラゲのもやしのナムル

材料(3~4人分)


キクラゲ 10g

もやし 1袋

 

鶏がらスープの素 大さじ1

ごま油 小さじ1

ニンニクチューブ 2cm

※料理の前に

キクラゲは、湯通しを行って、硬いところは予め取り除いてください

もやしも、お湯で30秒ほど湯通しし、水気をよくきっておいてください。

 

1 キクラゲを千切りにする

2 湯通ししたもやしに、キクラゲを入れ、鶏がらスープの素、ニンニクチューブを入れ混ぜます

3 最後にごま油を加え、完成です!

 

もやしはしっかり水気を取ってください。入れる野菜はこのほかにもキュウリや人参なども加えれば、

彩り鮮やかで、食欲をそそりますね!

ソーラーシェアリングとクリーンなエネルギーに満ちた、キクラゲです。

この機会に是非、お召し上がりください!!