頭が良い人とは

2019年11月6日 ブログ(blog)

回帰百万遍、もっともらしい理屈をべらべら並べ立てるひと。
お勉強ができてそこそこの学歴があるひと。

今日の人々の中に於いては往々にしてこの程度の輩を指して「あの人は頭が良い。」と言ったりしますね。

それは「頭が良い」とはいわず、単に「お勉強好き」というレベルであり、その程度のレベル感の人間などこの世には掃いて棄てるほど存在します。

「お勉強が好きである」ということは大いに結構ですが、それをもって「自分は頭がいいんだ!」と勘違いしている人々の中には理想と現実のギャップに苛まれ心を病んでいる方も多いのではないでしょうか。

認識力、物事の本質を見抜く洞察力があり、独自の人生、幸福というものを求めてそれをモノにする人。
これが本当に頭が良いひとです。

どんなに知識を詰め込んでも心の持つ認識力や洞察力が優れていないと、迷うだけの人生を送るのがオチなんですね。

偏差値が高い大学を出ている、大企業に勤めている、周りの人間よりも仕事ができる、等々程度のくだらないプライドなど捨ててしまえばストレスも減りますよ。