美しき信頼関係

2019年09月25日 ブログ(blog)

「人生の中で唯一信頼できるものは長年連れ添った妻と、飼い犬だけである。」

これはアメリカにおけるアノニマス、所謂詠み人知らずの格言ですが、私が好きなことばのひとつです。

長年連れ添う、一緒にいられるというのはお互いの信頼がなければ成り立たないことであり、年輪を重ねれば重ねるほど裏切りとは縁遠い、成熟した関係になるのでしょう。

カリスマ経営者を気取ってはいても奥さんから軽蔑されているような人間を少なからずみてきましたが、やはり彼らは人徳が無いし男としての魅力に著しく欠けています。

親といえでも別人格であり、子供もまた然り。
長年連れ添う相手ではありませんし、信頼し合う相手でもありません。

男の器を見定める上で一番分りやすいのはそいつが奥さんからどういう評価、扱いを受けているかを知ることです。

例え社会的評価が低かろうとその人が長年連れ添った奥さんから尊敬されているならば、それに勝る評価は無いと私は思います。

老夫婦が互いに信頼し合っている光景は美しいですし、本当に羨ましいものです。

A man without a wife is but half a man.