2021年01月13日 ブログ(blog)

“Out of every one hundred men, ten shouldn’t be there, eighty are just targets, nine are the real fighters, and we are lucky to have them, for they make the battle. Ah, but the one, one is a warrior, and he will bring the others back.”
~Heraclitus

これは「万物は流転している」で有名なヘラクレイトスによる格言ですが、意訳を交えて以下解説してみます;

「100人規模の部隊の中における80人は有象無象であり、残り20人のうち9人が幸運にも戦闘員たる資質を持っていれば戦争遂行は可能であるが、若しそこにたった1人でも「戦士」と呼べる人間が存在するならば部隊全体が救われる可能性がある。」

ここでいうところの「戦士」は「侍(サムライ)」と訳した方が分かり易いかも知れませんね。
侍とは「戦闘は勿論のこと政略・戦略・戦術構築にも長け、周りの人間を感化し得る大人」と個人的には定義しています。

「100人中80名が有象無象」というのは現代における「8:2の法則」にも当てはまりますが、あなたの周りをよく観察してみてください。

戦闘員はどの程度居ますか?
戦士(サムライ)」は存在していますか?