駅前の銅像シリーズ復活?岡山駅東口の「桃太郎」像!

Home/駅前の銅像シリーズ復活?岡山駅東口の「桃太郎」像!

岡山の玄関口であるJR岡山駅東口に立つ桃太郎像です。
お供のイヌ、サル、キジを連れた凛々しい姿で岡山の街をいつも見守っています。(岡山の街を見守っているのではなく瀬戸内海に浮かぶ鬼が島の方向を向いていざ出陣!という説もある)
12月にはイルミネーションで飾られるなど、時おり姿を変える桃太郎像。
台座はベンチになっているので、ちょっと休憩をしたり、待ち合わせ場所としてもよく使われ、地元では大変親しまれています。
撮影スポットとしても人気で、カメラを構えた観光客の方が撮影している光景もよく見られます。しかしよく見るとハトが頭に止まっているではありませんか。そう何故かハトの止まり木になっているようで、全身ハトのフンだらけの時もあるそうです。雨が降るとフンが落ちるような塗装にしているそうだけど、凛々しさも半減するので小まめに掃除をしてあげてくださいね!JR西日本さんっ!!

2017-03-24T13:18:06+00:00 2016/07/29|ブログ|