摘み取りの季節到来

Home/摘み取りの季節到来

どうも、一般社団法人ソーラーシェアリング協会 小室です。
すでに汗が噴き出すほど暑いですね。
私は寒いより暑いほうが好きです、おっさんだからでしょうか。

ブルーベリー(実証実験場で絶賛栽培中!)も、少し暑くなったころに摘み取れます。

すべての株が同時に摘み取り時期を迎えてしまうと摘み取りが大変です。
そのため、品種が異なるように株を入れています。

5月末の時点で食べられるものも出始めており、
そろそろ本格的な収穫シーズン。

ブルーベリーは早生であるほど希少価値が増し、
高値で売買されやすくなります。大粒であれば生食、小さいものはジャムなどの加工品がよいでしょう。

こんな風に、まだまだ摘み取りまで時間がかかりそうかな、という株も。
ただ、今年はクロマルハナバチを放って他家受粉させているので、昨年よりも質の良いブルーベリーが出来上がること間違いなし!

普段は自動灌水で放置しても問題ないのですが、1株で大抵数キロ採れますから、
この時期だけは結構大変だったり。

こちらは研修会での1シーン。協会の正会員になられた方は、協会の理念をお伝えしたのち、実際の設備へご案内しております。

研修会なしに正しいソーラーシェアリングを知ることは難しいですし、ご挨拶も兼ねて、協会まで足を運んでくださるようお願いしています。

協会ではまだまだ正会員を募集中ですよ! ソーラーシェアリングに興味があるあなた、まずは電話やお問い合わせフォームから協会にアクセスしてみてくださいね。

2017-06-08T18:06:58+00:00 2017/06/08|ブログ|